妊娠線のでき始め

妊娠線のでき始めに起こる予兆!

日頃から妊娠線予防クリームを塗っていても、妊娠線ができてしまう確率は0ではないんです!

 

しかし、事前に予防を強化することはできます!

 

ここでは妊娠線ができてしまう予兆と、そうなった時の対処法をお伝えしていきます!

妊娠線ができ始める予兆

かゆみを感じる

 

妊娠線ができ始まるときに一番わかりやすい身体の変化は【痒み】です。

 

この時にお腹だけではなく、おしり、太もも、おっぱいなども確認しておきましょう!

 

妊娠の際に線ができるのはお腹だけではありません!全身に注意を払っておきましょう!

 

「気になるほどではないけどいつもよりかゆいかなぁ」

 

という程度でも妊娠線ができる予兆の可能性は全然ありえます!

 

 

肌の表面が熱い感じがする

 

妊娠線ができそうな時にお腹の表面が少しだけ熱いような気がするという声もあります。

 

熱いといってもそんなに熱いわけではなく、「すこし肌の表面が熱を持っているかなぁ」という感覚です!

 

そんな時はどうすればいいの?

 

もし上に書いたことが少しでも当てはまる場合は妊娠線予防を強化しましょう!

 

クリームを塗るだけではなく、お腹のマッサージなども効果があります!

 

マッサージはセルフマッサージで簡単にできるものがあるのでお勧めです!

 

YOUTUBEなどで【妊娠線 マッサージ】と検索するとたくさん見つかります!

 

妊娠線予防クリームもいつも以上に多めに塗ったり、塗る回数を増やしたりしていきましょう!

 

乾燥が一番の大敵なので、保湿をしっかりしていってください!