妊娠線はどんなタイミングで出来てしまうのか?割れてしまった瞬間とは?

妊娠線はどんなタイミングで出来てしまうのか?割れてしまった瞬間とは?

 

いつ出来るの?

 

妊娠をして出産を迎える中、不安でいっぱいですが、妊娠線はどのようなタイミングで出来てしまうのか気になるますよねぇ…

 

ここでは実際に妊娠線ができてしまった方は、いつごろ妊娠線ができてしまったのか、その体験談をお話していきます。

 

出産のときに、一気にできました…
陣痛きてるときに、妊娠線なんて気にしてられなくて、産後みたらすごかったです…

 

臨月入って下腹部に赤い線が!!!
最初はかぶれかな?と思ったけど、なかなか治らないので鏡でよく見たら割れてた‥もうショックで泣きたかったです。

 

臨月に入った途端できました…。
メロンみたいの様です…

 

妊娠3ヶ月くらいからお腹が大きくなるにつれがっつり妊娠線できました!!体重の増加はそこまででもなかったのに‥‥

 

妊娠線出産前日まで無かったのに…陣痛で出来たのかもしれません…

 

体験談の妊娠線ができてしまった瞬間をまとめてみました

 

 

お腹が大きくなり始めた瞬間

 

一つはお腹が大きくなり始めた瞬間です。妊娠から約3か月ごろの時期ですね…

 

早い人はこのタイミングでお腹にひびが入ってしまうようです…

 

早い段階からの妊娠線対策をしておいたほうが安心ですね。

 

臨月に入ってから

 

臨月に入って、いよいよ出産に向けて身体が準備をし始めます。

 

この時期は精神的にも不安定になりやすく、その段階で妊娠線ができてしまうのは、

 

精神的にも大ダメージになってしまいます…

 

乾燥に対する対策はしっかりしていきたいですね!

 

出産中

 

出産中はもう自分の妊娠線なんて考えてる暇なんてありません。

 

陣痛が来た段階ではもう対策なんてできません…

 

予定日通り出産できる可能性は低いので、予定日が近くなったら早めに対策をしていきましょう!

 

まとめ

 

人によって、体型や体質が様々ありますが、お腹が大きくなり始めてから

 

出産まで、どのタイミングでも妊娠線ができてしまう可能性があるので、

 

気を抜かないようにしてください!!